クセを楽しむ
最近、手持ち資産を生かしたいということで、中古で購入したCanon AE-1に付いてきたCanonFD50mm f1.8とTAMRON 80-210mm f3.8-4.0ADAPTALL2をNikon D70に装着して撮っています。

50mmクラスではf1.8というスペックはどっちかというと暗い方に分類されるレンズだと思うけど、それでもf1.8の開放は明るく、そして被写界深度は浅いので、暗くてもシャッタースピードが稼げて楽な反面、ピント合わせがシビアになってきます。

さらに、途中で気づいたことなんだけど、ファインダー上でジャスト・ピントにしても写真はピントの山がズレてしまっている。
そこで、実際にピントの山がどうズレるのか?をテストしてみた。(こんなこと、フィルムだったらもったいなくてできなかったな^^;)
なお、ピントの山がズレた写真は使い物にならないわけではなく、独特な柔らかさが味わえるので意図した写真には効果ありそう。

また、肝心の解像度はどうかというと、50mmの方はさすがに単焦点なだけあって悪くないと思う。
1・2段絞るだけでかなりクッキリしてくれる。

まだまだ、いろんなクセがありそう。
そんなクセを探すのや、それに合わせたシーン作りがまた楽しい。
車もそうだけど、自分好みのクセがあったり、そのクセに合わせた操縦って、万能で優等生なメカよりずっと楽しいんだよな。

e0159062_19293773.jpge0159062_19421660.jpge0159062_19461415.jpg
ファインダー上では主役にジャスト・ピントだけど仕上がりではピント位置がズレてしまっている。が、この柔らかさは悪くない。

e0159062_19322825.jpge0159062_1943301.jpge0159062_19464537.jpg
上の写真より若干、近接側にピントリングを回した写真。もちろん、ファインダーでは少しピントの山がズレている。

e0159062_19353259.jpge0159062_19444195.jpge0159062_19471428.jpg
さらにピントリングを回す。さすがにピントがズレた。

共に、Canon FD50mm f1.8開放
※Exif情報はf1.8(開放)しかわかりません。MFレンズのため、撮影は完全マニュアル。ISO200ってことしか記憶にありません^^;
※上で表す"クセ"は、レンズ特有のものなのか、アダプターとの組み合わせによるものなのか、カメラとの相性によるものなのか。。。それは不明です。


以上、頼まれもしない何の変哲もない昔々のCanon FDレンズをアダプター(補正レンズ付)を介してNikon D70に装着したときのレビューでした。
[PR]
by tact_tea | 2011-01-29 20:03 | スナップ
<< 梅-6 梅-5 >>
LINK
Category
✉Mail
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

タグ
(260)
(220)
(174)
(137)
(119)
(115)
(112)
(111)
(106)
(96)
(93)
(86)
(78)
(64)
(50)
(48)
(46)
(44)
(44)
(43)

その他のジャンル

ブログパーツ